オリエント急行の殺人、感想文

(;-∀-)いや~どうも更新が異常に空いてしまいましたよ。
今回は読書感想文の続きということでアガサクリスティーのオリエント急行の殺人です。
( ゚Д゚)私ミステリー小説というものを今までほとんど読んだことがありません、昨年の終わり読んだ「そして誰もいなくなった」が初めて読んだミステリーでした…。
まあ、普通に読まなさすぎです…。
結局今回の年末年始では偉人の意外なその後(だったけな?)とクラシック巨匠ベスト50みたいな本しか読まなかったす。
本を読む暇が無かったというよりゲーム(世界樹Ⅱ)ばっかりやっていたような気がします…。
んで今回のオリエント急行の殺人は人生で二本目のミステリーということになるわけですが、ちょうど年始で戻る時に列車の中で読んだんで雰囲気が出ましたね。更に中国山脈を越えるので辺りは雪景色。
( ・∀・)最高のシュチュエーションじゃないの!
以下完全にネタバレに近いこととかが書いてあります!
注意!

いや~流石にアガサという所ですか(知ったかぶり)ただ、ちょっと中盤…というより全体が全員のアリバイを調べたりするのに費やされるので少しばかり展開がまったりな感じがしました。
けどオチはいいですねぇ。
ポアロと容疑者以外の乗客の最後の選択がいい!
ああいった終わらせかたは最近日本のドラマとかじゃあんまり見ないんじゃないでしょうか?
とにかく日本のドラマ的なミステリーだと、
「こんどは真人間になって返ってくるんだぞ」
「おやっさん…」
いや、いくらなんでもこれは古過ぎか…。
「やめるんだこんなことをして何になる!」
「駄目なのよ!もう私は戻れないの!」
犯人自殺…。
みたいな展開ばかりですからねぇ…。( ゚Д゚)いやほんとかどうかは知らんけど…。
日本の話だとどうもガチガチの倫理観に縛られるのかどんな不幸な理由があったとしても犯罪を犯した犯人は最後には捕まってその罪をかぶるか、或いは自殺させられてしまいます。
「まっ、そんな理由があるなら殺してしまったとしてもいいんじゃね?」
的な展開はあんまり無いですよね。(一般小説とかは置いといてドラマとかで)
まあだからそういった倫理観をぶちこわすので「24」とかが受けたのかもしれませんけど。
確かに衝撃ですよね、犯罪者に近づくために捕まえていた他の犯罪者ぶち殺してその首を土産に持って行ったりするんですから。
(;-∀-)日本人的な思考だとまずドラマとかでこういった展開は思いつかないだろうなぁ…。
というより無駄な倫理観(PTA?)が邪魔してそういった行動は取らせられないような気がする…。う~ん…。
…とにかくオリエント急行とても楽しく読みました。
ただ中盤辺りは「そして誰もいなくなった」の方が面白かったかな?
オチは大好きなんですけどね。
なんとなくにやりとくる終わり方だし。
では今回はこの辺で…。
次は「老人と海」の予定です。
(;-∀-)というか実はもう既に読み終わってるんですがね…。

 


ブログランキングに参加中。
よかったら↓をクリックして貰えるとありがたいです。
更新の励みになります。
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す