同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー2018受賞の話

同人ゲーム・オブ・ザ・イヤーでシロナガス島への帰還が受賞した話です。数々の同人ゲームの中から選ばれたことは本当に名誉なことだと思います。今回はそんな話です。



と、というわけで
今年も同人ゲーム・オブ・ザ・イヤーの時期がやってきましたー

おすすめ同人紹介による 同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー2018 ノミネート作品
http://southerncross.sakura.ne.jp/of_the_Year/2018.htm



そ、そうなのだ
このイベントでは数々の同人ゲームの中から
これぞといったゲームを選び出すイベントなのです



ふーん……
確か、このイベントは個人が主催しているって話を聞いたけど



そ、そう、これはみなみさんが主催するイベントではあるけど
れ、歴史がある上に年々イベント会場への参加数も増え
その影響力も増しているイベントだと思うぞ



ともかくこれで選ばれることは名誉なことっぽいってことはわかったわ
それでシロナガス島はどんな部門にノミネートされているの?



シ、シロナガス島への帰還がノミネートされてるのは、主演男優部門、主演女優部門、熱部門、楽部門、ロジック部門、特殊効果部門
あと、全体を通しての総合賞である作品部門も関係してるかなー



へぇ…
主演男優と主演女優は池田とねね子?



きょ、恐縮だけど
そうだねー



私がノミネートされてないのが気になるけど
まあいいわ
それで結果はどうなったの?



け、結果の方は
こちらの動画をご覧くださいー



へぇ…
主演女優、楽部門、そして全体賞の作品部門まで取ったのね
これは結構凄いんじゃないの?



ふ、ふはははは……
も、もはや天下を取ったと言っても過言ではないな!



あんた……
調子に乗りすぎてると痛い目見るわよ



た、確かに今回のイベントでノミネートされた他の作品も
どれも凄まじい熱量とクオリティを持ったものばかりだったし
ほんとうかうかしてられないと思ったなぁ
ボ、ボクも色々とチェックしてみるぞ



ノミネートされてた作品はどれも凄いクオリティのものが多かったわね
ひょっとすると商業よりも出来がいいなんて作品も結構あるんじゃない?



い、今や商業と同人の垣根は限りなく狭まっているからねぇ
商業作品よりも同人作品の方が話題になって売れるなんてことも日常茶飯事になってきてるし



これからもどんどん同人ゲームが盛り上がって
熱くなるといいわね!



ウ、ウチもシロナガス島だけじゃなく
今後も色々と頑張っていくのでよろしくねー
 

今回、同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー2018で主演女優部門、楽部門、作品部門を受賞した
『シロナガス島への帰還』はBOOTH等で絶賛発売中
興味がある方は買ってみてねー。
旅の道屋
https://tabinomichi.booth.pm/
 
 

ブログランキングに参加中。
よかったら↓をクリックして貰えるとありがたいです。
更新の励みになります。
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

2 comments for “同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー2018受賞の話

  1. 匿名
    2019年6月20日 at 9:23 PM

    おめでとうございます!

    • 2019年6月21日 at 12:30 AM

      ( ^ω^)ノ ありがとうございますー!

コメントを残す